キャッシングした時、返済自体をする時には利子を乗せた返済になるのは知っているはずです。金融会社は営利を目的とした企業ですから当たり前です。とは言ってもお金を返す方は、わすかでも少なく支払いたいと思うのが本音でしょう。利息制限法が定められる以前は年率30%近い金利を払っていましたが、設けられてからは高金利でも年間18%位とかなり低く決められているので、かなり良くなったと思います。現在の融資の金利枠は4%位から18%位の枠に定められていて、利用上限額により設定されます。利用限度額は申請者の与信によって左右されます。総量制限により年収の1/3までと指定されいますので、一年の収入がどれほどあるのか?どういう職についているのか?クレジットの使用状況はどうなのか?いろいろ調査され与信額としてカードの内容が決まるのです。カードを使ったキャッシングの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各社でサービスは一様ではありません)と広い範囲があります。こうしてその間の中で決められた使用可能額により利息も決まるのです。50万円なら年18%、300万円なら12%、800万円なら年率4%といった感じになるはずです。いわば、査定が高ければ、与信金額も高くなり、利子も低いというわけです。このことに矛盾を感じるのは私しだけでしょうか?カード会社にとって、それらの事実は当たり前なのでしょうが、一年の収入の良い人がキャッシングの必要があると考えずらいですし、もしもお金を借りた場合でも利子が高かろうが低かろうが、返済に追われる事はないです。反って収入悪い人は咄嗟にお金がほしいから借りるという人がいて、利子が高いとお金の返済に苦労するようになるはずです。ですので使用可能枠の小さい人こそ低利率で活用できるようにする必要があるのではないでしょうか。この考えは利用する自分が置かれている立場としての考えとなります。この事実を考慮すると、利息を良くする為にはどうするべきかおぼろげながら気付いたはずです。現にこれから書く方法で、申し出をする人が大多数なので紹介しますと、クレジットカードの申し込みをする際に、一年の収入の1/3ぎりぎりまで申し込むのです。年収450万円なら150万円。このカードローン審査で満額通ればその分だけ利息が低いキャッシングできるカードを持参することができると思います。であっても上限ギリギリまで利用しなければならないという事はありません。5万円でも30万円でも必要な額だけ使用可能です。そのうえ上限利用可能範囲が300万円で最低金利年間7%位の金融会社もあります。その企業に申し込めばその業者の最低金利で受ける事ができます。どうでしょうか?やり方を変えるだけで低利息のクレジットカードを持つことが出来るのです。自分自身の年の収入とカード業者の利子を照らし合わせて、調査に時間を費やせば、より有利な状態で借りれるのですから、しっかり調べるようにしましょう。