クレジットカードを機能停止する際のやりかたに間して言えばそれは意外にたやすいことに違いありませんが無効化する場合考えておきたいポイントに関しても理解しておくだけで、契約失効に関しても少しの手間で行うことが確実になります。列挙して整理致しました故もしもの時は、参考にして役立ててください。カード会社届け出を終えた後急に機能停止するのは御法度…クレジット申請したあと時間を置かないですぐにカードを機能停止をしてしまうと、申請を受け付けるべきでない人間という風にクレジット会社の内部で処理されるありがたくない出来事が起こってしまいます(まずないでしょうが度々契約→機能停止というような作業をしてしまった場合)。あり得そうなのは成約時のプリペイドカードのプレゼントを狙った契約のケースには、ギフトカードもしくは各種特典といった作成時のボーナスを残らず味わい尽くしたから直ちに契約破棄の手続きを行いたくなってしまうような考えもわかる。とは言え当事者からの立場で推察するとそういった客には決して社の用意するクレジットカードをいいように利用されて余計なコストを増やしたくないと利用者を切り捨てるのは不自然ではありません。ですから、あくまで登録時のサービス・ポイントを狙ってカードなどを作ってみた際にも、すぐに契約解除実行せず最小でも半年、登録後365日以上は該当するクレジットカードそのものは有効にして登録解除はその後に行うということをお薦めしたいと思います。あるいは作成特典に限定せずとりあえず申し込んで財布に入れてはみたが使う機会がないので・・・というような状況でも最少でも発行してから六ヶ月経過するまでは手元のクレジットカードを所持するようにして下さい。カードをもらうの何となく思っているのとは裏腹にクレジットカードという代物を始めから製作するときの経費はかかるものだと考えてちょっとでも楽をさせてあげようなどというように相手を気遣ってもらえるのならば良いでしょう