「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は二国間の通貨をトレードして収益を稼ぐ取引です。価格は、二十四時間変動しています。それが為替です。インターネットを見ているとドル円やユーロ円の為替相場の情報が流れる場面があります。よく見るのが「今のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。これは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという事を示しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを言い表しています。別の表現をすると取引には、買いと売りの2つの値が存在する事を示しています。売値、買値ではなく、BID、ASKと表しているFX取引会社も存在しています。普段は買値よりも売値のほうが安価になっています。あなたが買うときには高く、売るときには安くなるはずです。その差額をスプレッドといい、会社の収入の一部になっています。スプレッドは取引会社によって変化します。スプレッド幅は負担になるので狭い業者を選択したほうが優位です。ただ、同じ取引会社でも場面によってスプレッドの差は変わります。例えば通常時はドル円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッド幅とは言っても、為替の上下がかなり激しい状況では大きくなったりする場面があります。なので、スプレッドが狭いのと同様に固定しているのが大事です。決まったスプレッドの広さを表示する取引会社もたくさん存在しています。リアルに業者の取引画面上で現実の市場を見て確認しなければ判断できないのですが、大事な事です。貴重な財産を預けて取引しますので現実の取引の前に、興味を持った取引会社の新しい口座開設を全部して、表示されているスプレッドの差を点検しましょう。同じペアでもそのタイミングの状態によってスプレッドは変わることがあります。おおむね、インターバンク市場で流動性の高い外貨ではスプレッドの広さが小さくその他の通貨ペアではスプレッドの広さが拡大する事がよくあります。